知って得する振袖の情報

レンタルを利用して振袖を注文する女性も一杯いると思いますが、現在では借りる人のサイズに適合させて仕上げることも可能になっています。これまで誰一人着用していない新しい振袖も借りることが可能なお店も存在していて、昔からの古典柄や最近流行っているモダン柄のどちらからでも選択できるお店も数多くあります。
意外にも吊るしの振り袖より、特注で仕立ててもらう振り袖の方が安く付くケースも時にあります。オーダーは売れ残る危険性がゼロなので、既製品より倉庫管理などの余分な経費が掛からないメリットがあります。その分むしろオーダーメイドの方が安くあがるケースもあるのです。こだわりのイメージがある場合は、オーダーもありです。

一般のクリーニング屋でも、和服を別々に扱う場所なら預けても一応安心です。呉服屋とは違って値段も安いです。1万円以下で受け付けてくれます。まずはインターネットで和装専門のクリーニング店を見つけて相談をしてみましょう。
着てもいいのですが、高齢の女性に振袖はあまりしっくりこないと断言してもいいと思います。極々稀に中高年でも似合っている人もいますが、そのような人でもしっかり色を選択して、なるべく大人っぽい色の振袖を着用するようにすることをすすめます。当然のことながら振袖は若い人が似合います。
最近は洋服の雰囲気を大胆に取り入れた振り袖の着こなしが注目されています。振り袖にレザーの手袋を合わせたり、振り袖におもちゃのシルクハットを合わせたりなど、さまざまな道具が生かされているのです。レンタル品ならば思い切ってトレンドを採用して楽しんでしまってもいいかもしれません。

一度振り袖を着たら、脱いだ直後に折り畳んで収納しないで、1日ほど日陰の風通しがいい場所で干してから折り畳んでしまってください。そうしないと、長時間しまっておく振り袖です。しまったままの状態で湿気や雑菌が発生してしまいます。とても重要なポイントです。染みや何かの汚れがあれば、和装用のクリーニングに収納前に出しましょう。

モダン風の振袖が増えている中で、絞りの振袖は全部の年齢層の人に好かれるものとなっています。中高年の人であれば自分の子供が成人式の中でモダン風の振袖を着るよりかは、古典柄の絞りの振袖を身に付けている方が嬉しい人が多くなっていて、それを渡してあげたいと考えると思います。ないでしょうか?