和洋折衷の振袖

普段身に付けている西洋風の肌着は、全て振り袖を着るときには脱がないと駄目です。例えばブラは駄目ですし、キャミソールやタンクトップも駄目です。ショーツだけはいいですが、その他の下着類は基本的に一切付けないで肌襦袢だけ羽織ります。胸の膨らみが発達した女性は、さらしや専用の下着などで胸を潰すのです。
時たま振り袖のレンタル店で巾着を勧められる場合が見受けられますが、振り袖には通常和装向けの鞄が合います。中でも卒業式や結婚式など正式なシーンで振り袖を着ていくときには、巾着でなくバックが向いています。仮に小物に巾着を選ぶと言うなら、草履の色と統一するといい感じに決まります。

意外に感じるかもしれないですが、振り袖を借りたお店などで同じく草履もレンタルすると履きやすい草履が手に入りやすいです。レンタル物の草履は今までにたくさんの女子が履いているので、歩きやすく慣らされています。傷みもほとんど目立たないので、迷ったら借りても全く問題など無いです。
顔のライン、身長の高さ、顔の肌の色、髪の明るさ、年齢、シチュエーションなど多種多様な要素を考慮に入れながらチョイスしなければいけない振り袖です。やはり専門家の意見を取り入れながら考える方が失敗が少なくなります。専門店に足を運んで試着する方法が結局は最も早いです。
どちらにも特徴がありますが、スタンダードなものと今風の振袖のどちらをチョイスするのは個人のお好みでいいだろうと思います。長く使うなら定番商品がおすすめですが、成人式の中でだけしか身に付けないというのであれば、その時に最も好きなものを選ぶことによって気持ち良く着用することができるのです。

振り袖用にいろいろなアイテムがあります。巾着などが最も王道な例になりますが、その手の小物を使ってファッションを楽しむ女子もたくさんいます。レンタルの場合には、振り袖とセットでバッグや巾着を無料でサービスしてくれる場合もあります。とりわけ展示会などではその手のサービスが多くあります。上手に活用するといいです。
当然のことながら振袖は昔から伝えられてきた衣装となりますが、近頃では古来からの振袖を今風に手直ししたものがいろいろな着物メーカーより販売されています。依然として昔からのスタンダードな振袖をチョイスして成人式の中で着る人の方が大多数なのですが、モダン風の着物を好んで身に付けている方も結構増えてきているようです。
数多くの振り袖が掲載されているカタログ集を一通り見ると、イメージが固まってきます。その段階で頭のイメージをお店に持ち込んで、プロの店員と相談しながらあなたに最適の振り袖を選択してみるといいです。肌の上に着用するとしっくりとこない場合ももちろんあります。試着こそが一番大切な作業です。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*