安く振袖をそろえるには

時代劇を見ている人の中には花魁役の女性が振袖を衣装で着ている場面を目にしたことがあるという人達も多いと思いますが、最近では花魁のような着こなしを成人式においてしている若者が増えてきているのです。基本的に言えば古典的な着付けということになりますが、今花魁のように着用するとどこか新しいファッションのように見られるのは不思議となります。
一般的に振り袖を着る場合は、ヘアサロンなどに着付けをお願いする女性が多いと言えます。帯の縛り方から、ヘアスタイルのセットに至るまで、自分や家族の手伝いだけでは普通は無理です。特に成人式や結婚式などちゃんとした日であるなら、有料でも専門家にお願いをした方がいいです。家族に着付が得意な人が居る場合は当然事情は別です。

今のポリエステルはある意味絹と見た目がほとんど変わりありません。その結果振り袖にポリエステルが盛んに使用されるようになりました。レンタルでも買取商品であってもかなり料金が安くなります。経済的に済ませたい場合はポリエステル素材の振り袖をチョイスするといいです。
いろいろなデザインが試されている近年の振り袖です。ハート柄や人気のキャラクターを採用したスタイルの振り袖など、最近の振り袖は自由奔放です。色合いも色とりどりで、ピンク系からレモンイエローまで色とりどりです。エレガントなタイプからゴージャスなデザインまで、選択肢はほとんど無限と言えます。
基本的に振袖も着物の種類となりますが、振袖を高齢者が身に付けることがないというのが一番の相違点です。まず若い人だけにしか振袖はしっくりこない着物で、結婚していない女性でもお年寄りが振袖を着ると相当恥ずかしいことになると予想されます。着ることに対して年齢を気にしなければいけないのが振袖になります。

大方の女性は成人式でしか振袖を着用しないかもしれませんが、結婚式に振袖を身に付けて出掛ける人もいなくはないのです。振袖を着ると気分もピリッとするし、男の人から見てみると相当素敵に見えるので、煩わしくない女性で振袖を所持している人は是非結婚式の場で活用してみるといいと思います。
岩波書店が出す辞書『広辞苑』を観覧すると、振り袖とは次のように解説があります。近世、小袖の袖丈を長く取った着物をいい、子どものころの男の子や女の子に用いた。現在は未婚女性の礼装用とも記述があります。つまり袖の部分が長めの着物を差します。女の人が着て歩くと、振り袖の袖が目立つ形になっているのです。
現代でも恋愛の場面で誰かを振る、振られるという用語が存在すると思います。そのような言葉は振り袖からきているのです。本来祭事の舞踊衣装だった振り袖です。踊りなどの最中に、踊り子の愛情を伝える時に長い袖を前後左右に振りました。その動作が後々、恋愛用語の振る、振られるにつながったのです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です